状況をこと細かに伝えると気持ちいいことが判明

状況をこと細かに伝えると気持ちいいことが判明

相手は今どんな姿でどんな顔して電話してんだろう。こんなことを考えながら相手の状況や仕草を探りながらエッチな通話を楽しんでいる。

 

妄想なのでいつもワンパターンになりがちで結局いつもの自分の王道パターンに落ち着くこともしばしば。そうなるとマンネリが生まれて楽しいはずのテレフォンセックスが楽しくなくなっちゃうなんてことに!

 

王道パターンで自分の気持ち良さを追求するのもいいものですが、相手とのやり取りを少し変えるだけでワンパターンになりがちだったテレセがバリエーションが増えてより一層楽しめるものとなります。

 

 

状況をこと細かに伝えるために

 

電話でエッチする時に今の状況の詳細を言い合い、
ちゃんと言葉に出すことで更に興奮が増します。

 

状況とは何のことかと言いますと

 

普通の会話では言わないような些細な仕草も全部言葉にすること。

 

具体的に言うと

 

「それすごく興奮する!勃ってきた。」

 

「パンツ脱いでるよ」

 

「チ○コしごいてるよ。ホラ(音を聞かせる動作をするのを聞かせる)」

 

「体位変えようか。バックでつくからね。」

 

などその時その時で今やっている状況を相手に伝えます。

 

相手はこれだけの情報量をもらえるので電話越しでも
どんなことをしてるのか把握できやすいです。

 

 

状況をこと細かに伝えるために

 

自分だけが状況を伝えるだけで相手はただ気持ち良く喘いでいるばかり。

 

これだと正直さびしいですよね。
やっぱりリアクションがないと盛り上がりに欠けます。

 

そこでプレイ直前にでも相手に状況をこと細かに伝え合おう
ひとこと伝えておきましょう。

 

あとは自分がリードして自分のプレイ状況や仕草を声に出して
伝えることで相手も「こうやるんだ」と理解して行動してくれます。

 

 

うまくいかない!そんな時は

 

状況を伝えるって言われても初対面の相手だと

 

緊張してうまく伝えられない!

 

基本的に聞き手だから喋るのが苦手!

 

という場合に役立つ方法は

 

息遣い

 

息遣いを多用して時折言葉を交ぜながら
イクまでずっとこれで推し進める。

 

 

「ハァハァハァ」

 

「ア”ァッ」

 

「アーそこすごく気持ちい・・・」

 

この方法なら喋らなくても相手にリアクションを返すことができます。

 

そして息遣いをしているだけなので多少考える余裕が生まれてきます。

 

この時に一言でも相手に自分の仕草など状況を伝えることをしてみましょう。

 

それだけでも相手にとっては状況把握できる大切な行為です。

 

慣れ始めたらどんどん状況を伝えれるようになってくるので
まずは焦らず無理なく楽しんでみることが気持ち良くなるのに大事なことですね。

 

まとめ

 

自分の状況をこと細かく伝えて、相手の状況も細かく言わせる

 

相手が何をしてるのか、どんな顔で気持ちよがってるのか

 

電話越しだけでは伝わらない部分も

 

頭の中でイメージしやすくなりますね。

 

シンプルなやり取りだけど、これが興奮度を高めてくれます。

 

page top